神宮外苑花火大会 〜混雑する時間帯を避けよう〜

8月11日(土)には神宮外苑花火大会が開催予定ですね。
会場は全部で3箇所あり、予定入場者数は約67,000人が見込まれています。
大勢の人が明治神宮外苑に集まるため、周辺駅は大変混み合うことが予想されます。

今回はYahoo!乗換案内アプリにも搭載している「異常混雑予報」の機能を用いて出した、神宮外苑花火大会に行く場合の周辺駅の混雑予報を紹介したいと思います。
また帰りの時間帯については、去年の検索実績数を元に傾向をご紹介します。
混雑を避けるための参考情報になれば幸いです。

混雑予報(行き)

会場周辺の主要駅は5つほどありますが、去年の傾向から利用者が多いと考えられる3駅に絞ってご紹介します。

【外苑前】

周辺駅で最も利用されると予測されるのが外苑前駅です。
神宮球場、秩父宮ラグビー場に最も近いのがこの駅なので、利用する方も多いようです。
混雑のピークは16-19時と予測されます。

【信濃町】

2番目に利用されると予測されるのが信濃町駅です。
神宮軟式球場に近いのがこの駅なので、そちらの会場に行く方がこの駅を利用していそうです。
混雑のピークは16-19時と予測されます。

【青山一丁目】

次に利用の多い駅が青山一丁目駅です。
銀座線、半蔵門線、都営大江戸線と3つの路線が通っていることが関係しているかもしれませんね。
この駅では16時くらいから徐々に利用者が増え始めると予測されます。

混雑予報(帰り)

こちらは予測ではなく、去年の検索実績数を元にピーク時間帯と駅ごとの比較をご紹介します。

傾向としてピーク時間帯は花火終了後の20-21時。
行きは外苑前駅の利用者が最い予想ですが、帰りは青山一丁目駅を利用する方が多そうです。
表参道駅は会場からやや距離が離れているためかピークがずれており、周辺駅を避けてそこまで歩いて行く人も一定数いるようです。

地図アプリを活用しよう

Yahoo! MAPのアプリには混雑レーダーという機能が備わっています。

会場周辺がどれくらい混雑しているかを知ることができるので、ぜひインストールして当日ご利用ください。

Yahoo! MAPのインストールはこちら

まとめ

全体的に花火大会が開始される2,3時間前から混雑のピークが始まるようです。
花火大会の会場も広いので、ピーク時間帯での到着を避けて少し早めに出発すると快適な移動ができるかもしれません。

帰りは花火が終わってからの移動になるので、どうしても混雑を避けづらくなってしまうと思います。
少し離れた駅を利用したり、時間に余裕があればどこかお店に入って混雑のピークを避けるのもよいのではないでしょうか。

今回は異常混雑予報を利用した予測値と去年の検索実績から混雑に関する傾向を紹介させていただきました。
後日こちらの内容についてアンケートを実施させていただく予定です。
可能な範囲でかまいませんので、ご協力いただけると幸いです。

今後ともYahoo!乗換案内をよろしくお願いいたします。