通勤・通学におすすめの機能をご紹介!<iPhone版>

いつも「Yahoo!路線情報」をご利用いただき、ありがとうございます。さて今回は、ヤフーの乗換案内アプリで通勤・通学に便利な使い方についてご紹介いたします。

定期区間を登録して、より便利な乗換案内に!

Yahoo!乗換案内アプリで定期区間を登録すると次のようなメリットがあります。

  • 定期区間を考慮したルート検索 が可能になり、定期券を利用したより安いルートを調べることができます。
  • 定期区間タイマーを利用することで、乗車する電車のカウントダウンを表示できます。

定期区間を登録することによって使える機能が盛りだくさん! その使い方を紹介していきます。

目次


はじめに

まずは定期区間を登録しましょう。
※すでに登録済みの方はこの手順はスキップいただけます。

※定期区間の登録には、Yahoo! JAPAN IDでのログインが必要です。
Yahoo! JAPAN IDをお持ちでない場合はこちらから登録してください。

1.トップページから設定画面を開きます

2.対象となる出発駅と到着駅を入力し、「定期区間検索」ボタンをタップ

※通勤か通学(大学・高校)を選択してください。
※新幹線も利用する場合は、「新幹線定期の登録」にチェックをします。
  • 鉄道駅以外のバス停、空港名、ランドマークは登録できません
  • 新幹線以外の有料特急は登録できません
  • 徒歩ルートから始まるルートは登録できません

3.表示されたルートの中から最適なルートを選び、「この定期区間を登録」ボタンをタップ

最も適した区間を選んで、登録ボタンをタップすると登録完了です!

定期区間を考慮したルート検索の方法

定期券を考慮した検索はとっても簡単!
定期区間を登録し通常通り検索すると、検索結果画面に定期代を考慮した料金が表示されます。安い運賃で移動したい...という時には料金順で検索してみましょう!

※ルート中に定期券区間が有った場合に運賃を考慮する機能で、必ず定期券区間を通過するルートが出るものではありません

◆Tips◆定期代を運賃に含めたくない場合はチェックをはずします。

定期券を使わない時の運賃が知りたい...という時は検索条件設定画面の「検索時に適用」のチェックを外します。
チェックを外すと通常の検索と同じ運賃が表示されるので安心です。

定期区間タイマーの使い方

定期区間タイマーとは

定期区間タイマーは、登録した定期区間ルート上の電車の発車時刻を、各路線ごとにカウントダウン表示する機能です。

画面を上下にスクロールすると、該当路線の前後のダイヤが確認できます。また、左右のスワイプでルートごとのダイヤが確認できます。この上下左右の組み合わせにより、いつでも最適なダイヤを知ることができます。

◆Tips◆電車が遅延している時もしっかりお知らせしてくれます!

電車の遅延・運休の際もしっかりお知らせします。
しかし残念ながら、乱れたダイヤのカウントダウンまでは力及びません…。その際は駅の電光掲示板の案内やYahoo!乗換案内アプリ内の運行情報を確認してください!

>遅延情報をすぐ知らせてくれる!?  運行情報の通知設定はこちら

定期区間を登録しておくと、通勤・通学の際やルートを調べる際により便利です。ぜひ、定期を登録してみてください。

ヤフーのアプリでもっと便利な旅を!

移動に便利なアプリを今すぐダウンロードしてみましょう!

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード