定期券考慮検索の使い方<Androidアプリ版>

お得な運賃を表示できます

 お手持ちの定期券を登録しておくと、乗換検索した際、もしもルート中に定期券の使える区間があった場合に、定期区間を0円とした運賃表示をすることができます。「料金順」表示すると、よりお得なルートが見つけられます。

step1.定期区間の登録

検索条件画面または設定画面を開きます。

※定期区間の登録画面への入り口(左;検索条件から/右;アプリ設定から)

step2.定期区間の選択

定期区間の登録画面にて、対象となる出発駅と到着駅を入力します。
※新幹線も利用する場合は、「新幹線定期券の登録」をチェックします。
  • 鉄道駅以外のバス停、空港名、ランドマークは登録できません
  • 新幹線以外の有料特急は登録できません
  • 徒歩ルートから始まるルートは登録できません

検索すると入力した駅間でのルートがいくつか表示されます。

時刻順、回数順、料金順のタブからもっとも適したルートを選び、「この定期区間を登録」を押します。

step3.定期代を考慮したルート検索

乗換ルート検索するときに登録済みの定期区間を反映したい場合、検索条件の「検索時に適用」をオンにします。

<Tips!>定期券を考慮したくない場合はオフにしてから検索

結果詳細の例

ルートの検索結果で、「定期代+**円」といった運賃が表示されます。
また、定期区間の対象となる区間は「0円」と表示されます。

<Tips!>ルートに定期区間が含まれていても、運賃が変わらない(または高くなる)場合は、実際に乗車した時と同じように安い方の運賃が表示されますので安心です。
※ルート中に定期券区間があった場合に運賃考慮する機能で、必ず定期券区間を通過するルートが出るものではありません。