【梅雨】雨の日に役立つ3つの機能をご紹介

今年は各地とも観測史上1位か2位という記録的な早さの梅雨入りとのことで、全国的にぐずついた天気の日が続いていますね。

雨の日が続くと気になるのはダイヤの乱れ。通勤や通学時に遅延や運休があると困ってしまいます。そんな雨の日に役立つおすすめの機能を3つご紹介します。

目次

遅延や運休をお知らせ「運行情報プッシュ通知」

長雨が続いたりゲリラ豪雨が発生した場合、電車が遅延したり一時的に運休となることがあります。ご利用になる路線の通知を設定しておくと、いち早く運行情報のお知らせを受け取ることができますよ。


プッシュ通知の設定方法

  1. 運行情報をタップして開く
  2. 「路線を入力」か「列車別から探す」から設定したい路線の運行情報を開く
  3. 運行情報の「遅延・運休を通知」をタップする




詳しくは下記のブログをご覧ください。

別の行き方を調べよう「迂回ルート検索」

乗る予定の路線で遅延や運休が発生していた場合、別のルートで移動できないか「迂回ルート検索」を利用して調べられます。
運休や遅延が発生した場合に、詳細結果からルートを再検索してください。



「対象路線をすべて迂回する検索」と、「遅延や運休が発生している区間のみを迂回する検索」が選べます。状況に応じて検索を使い分けると便利です。

詳しくは下記のブログをご覧ください。

最短の出入口がわかる「施設名で検索」

出発到着の検索キーワードに施設名などを設定することで、最寄り駅の最適な出入口が検索できます。
雨の日はなるべく濡れなくてすむように、短時間で移動するための参考としてご利用ください。


お出かけの際は十分なご配慮をお願いします。


移動に便利なアプリを今すぐダウンロード
ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード
RSS